赤ちゃんを乾燥から守る【保湿を維持してくれる】

冬に必須の対策

生活用品

保湿の基本は湯上りに

冬になると乾燥し、肌がガサガサになってきます。特に赤ちゃんのように肌が弱いと乾燥には敏感で、直ぐに乾燥肌になってしまいます。その対策として保湿クリームを塗る事はご存知かと思います。この保湿クリーム、実はただ塗れば良いというものではありません。塗るタイミングが重要です。特に赤ちゃんのような弱い肌にはその点に留意して塗ってあげる必要があります。では具体的にいつかというと、お風呂から出た直後です。肌に水分がしっかりついているためここで保湿すれば高い効果が見込まれます。赤ちゃんの様に新陳代謝が活発だと例え乾燥肌になっていたとしても適切に塗れば数日で回復するでしょう。最も回復したからと言って直ぐやめてしまうと、また元に戻ってしまうので、継続して塗ってあげることが重要です。

より良い保湿クリーム

そもそも保湿とは、皮膚の表面に油を塗ることで、皮膚から逃げ出る水分を保持し保湿を行います。ただ一口に油と言っても多くの種類がありますが、不純物が少ない物がオススメです。不純物が多いとそれが肌に合わず、返って肌を傷つけてしまう恐れがあるからです。市販品で売られている大人用の保湿クリームは不純物が多く、赤ちゃんの肌には合わない事が多いです。したがって、赤ちゃんの肌に合ったものを使用するといいでしょう。保湿クリームのなかには医薬品があり、これは小児科などで入手可能です。見た目が透明なグリースのようなものもあります。また肌に馴染むので非常に塗りやすいです。湯上がりに赤ちゃんにタップリ塗ってあげれば直ぐに乾燥肌も治るでしょう。

保湿で肌を守りましょう

女性

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいのが特徴です。お風呂上がりには保湿剤をぬってあげましょう。保湿はアトピーの予防にもなります。部屋の乾燥を防ぐことも大切です。保湿剤にはパラベンフリーのものを選びましょう。いろいろな種類がありますので肌に合うものを選びましょう。

More Detail

保湿をすることで

赤ちゃん

抵抗力が未発達な赤ちゃんの肌を乾燥から守るためには、定期的に保湿することが大切です。そのために良いものを探しているのならば、ベビーオイルを利用してみることをオススメします。安全な成分で作られていますし、しっかりと保湿することができて便利です。

More Detail

子供の肌を守る

親子

赤ちゃんの肌を乾燥から守る為には、小さい頃から入念なスキンケアをする事が大切です。乳幼児用のスキンケア用品やベビーオイルなどで、優しく守ってあげましょう。そのためには正しい方法で洗顔と保湿を行う事が大切です。

More Detail